髪をいたわりながら、優しくお手入れします

以前は、髪が多くて困っていました。

 

しかし、四十代になってから、前髪の生え際や、つむじのあたりが、薄く見えるようになりました。

 

最初に気付いたのは、つむじの薄毛でした。後頭部が、まるで、はげているみたいに見えるなと気づきました。

 

それで、つむじがかくれるように、ブラッシングして、つむじがむき出しにならないような毛流れを作るようにしました。

 

また、私は帽子が好きで、外出するときは、いつも帽子をかぶっています。帽子をぬぐと、トップのボリュームがなく、ぺったんこになっています。

 

家族からも、髪がぺたんこになっていると何度か言われましたが、それは帽子のせいだと思っていました。

 

しかし、エイジングで髪のボリュームがなくなることを知り、私もそうだったのだと気づきました。

 

そういえば、前髪も、生え際がはげているみたいに見える時があるなと思いました。

 

それで私は、美容室に行ったときに、美容師さんに相談してみました。すると、前髪の分け目を変えたり、トップのボリュームを出すブローの仕方を教えてもらえました。

 

トップにボリュームの出やすいヘアスタイルにカットしてもらいました。

 

そのようにして、髪型を変えたり、髪の分け目を変えたり、ブローの仕方を変えることによって、薄毛はカバーできるのだとわかりました。

 

今でも、帽子を脱いだ時に、トップのボリュームがなくなっていることがあります。

 

だから最近は、ゆるくくせが着く程度のスプレーを、髪の立ち上がりのところに、軽くスプレーします。

 

このスプレーも美容室で知ったもので、くせがつきすぎずに、根元を立ち上げて、軽い仕上がりできるようなスプレーです。

 

あまりハードなスプレーだと、帽子の型がつくので、避けています。

 

美容室で使うようなスプレーを美容室で買うと高価なので、アウトレットで見つけました。

 

市販のものでも、ソフトなスプレーが出ているので、そういうものを使うのも良いと思います。

 

また、シャンプーも、サロン専売品のものをつかうようになりました。

 

美容室などで使われる、優しいシャンプーやトリートメントを使っています。

 

頭皮への刺激は小さくて、優しく汚れを落とす感じです。

 

シャンプーの仕方も美容師さんに聞きました。指の腹をつかって、指や爪を立てないように優しく地肌を洗います。

 

まだまだ美容師さんのようには優しく洗えませんが、意識するのとしないのとでは、違うと思います。

 

サロン専売品のシャンプーやトリートメントも、美容室で買うと高価なので、アウトレットで良いのがあれば買います。

 

市販のものでも、自分に合うものや、アミノシャンプーなどは優しいので良いと思います。

 

髪が少し少なくなって、まとまりやすくなったというメリットもあります。

 

髪を大事にするようになったのも、良かったことです。

 

40代女性