邪魔なくらいだったのに今ではペッタンコに

生まれた時から髪が多く、親に月に1、2回は全力で髪をすかされていたくらいでした。

 

放っておくとすぐにもさもさになってしまうからです。

 

こんなに髪が多いのだから、薄くなったりハゲたりする心配はいらないな、とむしろ多いことに悩んでいたくらいでした。

 

でも、20歳でこどもを産んだ時、だんだんと抜け毛が多くなってきました。

 

最初は気のせいかなと思っていたのですが、髪を洗うと抜け毛が手にまとわりついてもじゃもじゃに。

 

体にもまとわりついて気持ち悪いくらいでした。なにより、排水口が一日で詰まることもあり流石に不味いなと思いました。

 

それまでは綺麗に洗うことぐらいしか気をつかっていなかったのですが、洗い方も髪を引っ張らないように、頭皮をマッサージして血行がよくなるようにと気にしながら優しく頭皮を揉み洗いするような感じを心がけました。

 

すすぎも今まで以上にしっかり、これまたシャワーで温めながら頭皮マッサージのように。

 

乾かすのも、それまでは雑に、しかもすぐではなく気がむいた時、むかなかったら乾かさなかった事もしょっちゅうでしたが、

 

今では保湿の次にすぐ乾かすようにしています。切れ毛やドライヤーの熱での傷みの予防のためにトリートメントをしっかり塗ってくしで整えてからごしごしわしゃわしゃではなく優しく優しく。

 

おかげで髪の量よりも先に髪質が良くなりました。

 

抜け毛も以前よりは半分ほどに減ったように思います。

 

それでもまだまだ手にもじゃもじゃになるのでこれからも気をつけていきたいです。

 

20代女性