自分に合ったシャンプーと、日頃のちょっとした心がけで薄毛を改善

子供の頃から髪が少なく、頭頂部が薄いことを思い悩んでいました。

 

頭皮も敏感で、刺激の強いシャンプーは使えず、肌に合わないものを使うと頭皮が痒くなり夜なかなか寝付けないこともありました。

 

朝どんなに頑張ってスタイリングしても、すぐに頭頂部がペタッとしてしまい、後頭部もぱっくり割れたような状態になり頭皮が丸見えになっていました。

 

そのため、しきりに頭頂部の髪を手でかきあげてふんわりさせる変な癖がついていました。

 

そこで、まずはシャンプーを見直すことにしました。

 

試供品などでいろいろな種類をたくさん試して、刺激が少なく、頭皮の汚れはきちんと落としてくれる、自分の肌に合ったものを探しました。

 

髪が細くもつれやすいので、ついついしっとりタイプのシャンプーを使いたくなるのですが、しっとりタイプは油分が多く、頭皮がペッタリするのは避けられません。

 

なので、シャンプーはさっぱりタイプ、コンディショナーはしっとりタイプを使い、頭皮を避けてつけています。

 

ワックスやスプレーなどの整髪料は、時間が経つにつれ重みで余計にペッタリしてしまうので滅多に使いません。

 

就寝時には、髪全体を枕の上にかきあげるようにして、頭の重みで髪を潰さないようにした状態にしておくと、朝起きたときの後頭部のペッタリ感が随分と防げます。

 

ドライヤーをかけるときには、下を向いて髪全体を逆さにし、根本からドライヤーをあてると、頭頂部がふんわりします。

 

一日に数回、頭皮をブラッシングするのも血行促進になって良いと思います。

 

こういったことを続けていたら、あれほど丸見えだった頭頂部や後頭部の頭皮が、今ではそれほど気にならなくなりました。

 

また、最近は手頃な価格でおしゃれなウィッグがたくさんあるので、たまにはそういった物を利用するのもイメージチェンジにもなって楽しいと思います。

 

30代女性